母親と勝ち取った高校合格

子どもの成長

私がこれまで様々な試験や受験を経験してきた中で、1番思い出に残っているのは、母親と一緒に二人三脚で挑んだ末に見事合格を勝ち取ることができた高校受験でした。

高校受験を半年後に控えた中学3年生の秋、学業成績が思うように上がらなかった私は、ずっと悩んでいました。 担任の先生と母親との3者面談も「今の成績では、希望の高校に合格するのは厳しいかも」という意見が飛び交ったほどでした。 「よ~し、きょうから私も一緒に高校受験に向き合う!」と帰宅した母親は私に言いました。 翌日から、母親自身がわからない問題に直面したとき、私が学校に行っている間に勉強していたくらい厳しい姿勢で取り組んだスパルタのような受験勉強生活が始まりました。 このように私と母親は、勉強に対する向上心を持ち続けました。 その結果、半年後私は無事第一希望の高校に合格することができました。

まさに「私と母親の2人で勝ち取った」と言っても過言ではない一生思い出に残る高校受験となりました。

身長を伸ばすためにやっている変わったこと

子どもの成長

身長を伸ばすために、子供は鉄棒にぶら下がることをしています。高い場所にぶら下がっていると身長が伸びると思っているようです。体が引っ張られて伸びると思っているのでしょうか。

しかし、こんなことをしても身長は伸びません。「鉄棒にぶら下がっても身長は伸びないよ」とはいっているのですが、鉄棒にぶら下がることは今もやっています。

やっていて特に体に害はないと思うのでそのままにはしています。

こういったことをするよりも、走ったり、縄跳びをしたりなど、もっと体を動かす運動をした方がよいと思います。身長を伸ばすには成長ホルモンの力が必要ですが、体を動かすと成長ホルモンの分泌がよくなるそうです。また、カルシウムを骨に沈着させるためにも運動は大切です。

たまには「走ったりもっと体を動かすことをしてみれば」とは子供に勧めています。そういうと少しは体を動かして遊ぶようになります。

子供は身長のことを気にしているので、今やっていることが何かしら身長によい影響が出るといいなと思います。

子供に飲ませたいサプリと必須栄養素

子供は身体の成長が激しく、たくさんの栄養を必要とします。中でも、タンパク質は体をつくる重要な栄養素であり、体重が30キロの子供では、45グラムのタンパク質が必要だともいわれています。牛肉に換算すると200グラム以上になります。毎日お肉をたくさん食べ続けるのは大変だと思います。そんなときに便利なのが、子供用プロテインです。水に溶かして飲めるプロテインは、朝食やおやつの時に取り入れると続けやすいと思います。イチゴ味やチョコレート味、バニラ味など、子供の好きなフレーバーがいろいろと売られています。好みの味を選択することができます。アミノ酸サプリメントもおすすめです。タンパク質は一度アミノ酸に分解されたのち、再び体内でタンパク質に合成されるのですが、サプリメントでアミノ酸として取り入れることは非常に有効であると考えられます。子供用のプロテインには、鉄分やビタミンなどの必須ビタミンや必須ミネラルが添加されている場合が多いです。これらの成分は、タンパク質の吸収を助けます。日常の食事で不足しがちな必須栄養素を取り入れるのは、子供の健康を育てるためにとても大切なことです。

子供の記憶力を高めるコツ!

子育て

子供の記憶力を高めるには、やはり色んな話を親子ですることはとても有効的になります。特に記憶力を高めようと思って意識して活動するのではなく、色々とお手伝いをすることで、頭の中の整理ができるようになります。なかなかお手伝いをしなかったので、親子で一緒に片付けをするようにしたり、お料理を一緒に作るなど、沢山アイディアが浮かんでくるので、子供も楽しくなりピザを記事から練って作ったり、色々と楽しく料理をするようにしました。そして料理してから食べた後、絵に描いて感想なども付け加えるようにしていると、次第と頭の中の記憶力が鍛えられるようになりました。特にフラッシュカードなど使って脳を鍛えるようなこともなく、とにかく頭を鍛えるには身近なことで学ばせるようにしました。勉強感覚で学習するのではなく、日常生活の中に色々と工夫していくことで学ぶチャンスは大きくあるので、イキイキと生活できるようになり子供は次第と記憶力アップしました。

身長を伸ばすには食事と運動が大事

子供の身長

身長というのは、低いととても心配をしますね。子供さんの両親が低い場合は、遺伝ということもあるらしいです。しかし遺伝だからといって、そのまま諦めてしまうとさらに低いままになってしまいます。そのため、しっかり努力をすることが、身長を伸ばすことに繋がると思っています。

その時、やっぱり運動が大切と思うことがあります。食事と運動が大切なのです。特に運動は、体を鍛えることにより、代謝が良くなりその結果で心配な身長を伸ばすことができると思うからです。中学生になると、クラブに入るとたちまち身長が伸びたということを、よく聞きますね。そんなこともあるので、やっぱり何もしないよりも運動をして体の代謝を良くすることが大事です。

そしてまた、運動と同じように体を作る食事もとても大切です。食事により体を大きくすることが出来るからです。そのため、毎日の食事の栄養が大切ということになりますね。これからも栄養を考えて作っていきます。

転びやすいのはダイエットのせい?

子育て

女性は年中ダイエットのことが気になることがあり、それは年に関係なく感じていることだと思うようになっています。それは12歳の子供も、ダイエットについてとても関心があるからです。ダイエットをすると、痩せて可愛くなる、美しくなると思ってしまうんですね。そんな外見ばかりを気にするよりも、もっと内面を気にして欲しいと思うのですが年頃なのでそんなことは言えません。

そして最近気になることとして、少し転びやすいと言っていました。直ぐに躓いて転んでしまうというのです。それは、足が弱くなっているということでしょうか。転びやすいというのは、老人の事ならよく聞くことがありますが、若い人でそんなことはあまり聞きません。そのため、少し心配しています。

もしかしたら、運動をしないで食事を制限していることが関係しているかもしれません。食事のカロリーが少ないので、必然的に運動することが疲れてしまいできないのです。それは問題です。